上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    

ども神楽です。

Fキーを市販のゲーム用コントローラなどで
キーボードを使わずにプレイする方法。

====用意する物====

Joy to Key (コントローラにキーボードのボタンを割り振るソフト)

無料で手に入るので、ダウンロードしましょう。
Joy to Key ダウンロードページはこちら



片手用コントローラ(ゲーム用でもPC用でもおk)

sanwadirect_4969887571224.jpg

ボタンの数が少ない物であれば
700円前後で購入できます。
上記画像はネットで780円


ちなみに神楽はプレイステーション用の片手用を使ってます
↓こちらがその画像
linecon.jpg


家庭用ゲームのコントローラ場合は当然のことながら
USBが付いてないですよね?
その場合は別途で変換コネクタが必要になります。
こちらも1000円ほどで購入可能です。
↓その画像
51AkvkmIFoL__SL500_AA280_.jpg


====設定方法====

手順1

Joy to Keyをダウンロードして
USBにコントローラーを差し込みます。
これで設定ができるようになります。


手順2

Joy to Keyの設定をしましょう。

使用しているOSがwindowsVistaの場合は
ダウンロードして、解凍されたJoy to Keyのフォルダの中にある
コントローラの様なアイコンがあるので
そのアイコンを右クリックします。
右クリックすると最下段に「プロパティ(R)」があるので
クリックしてください。
次のウィンドウの上の方に
「全般 互換性 セキュリティ 詳細」
とあるので互換性をクリックしてください。
クリックすると設定項目がいくつかあると思います。
最下段付近に、「特権レベル」という項目があります。
その項目の左側に、四角いチェックボックスがあるので
クリックしてチェックが入っている状態にします。
チェックが入ったら、同じウィンドウの右下の「適用」をクリックし
次いで「OK」のボタンをクリックしてウィンドウを閉じます(勝手に閉じると思います)
これで、Vistaでもこのソフトは使用できます。

次にそのコントローラのようなアイコンをWクリックしてください。

joy1.jpg
画像1  ↑の様な物が表示されます。
表示されたら、左上の「ファイル」をクリックします。
クリックしたらプルダウンででてきたメニューの中の
「設定ファイルの新規作成」をクリックしてください。

joy2.jpg
すると↑画像2のように表示されますので
わかりやすく設定に名前を付けてあげましょう。
リネージュ とかにするとわかりやすそうですね。
名前をつけたら「Ok」のボタンをクリックします。

すると最初の画像の表示に戻るので
各ボタンの設定をしていきます。

使用するコントローラのボタンの数に関係なく
設定項目が上下左右の4個とボタンが32個あります。

この時点では使用するコントローラのボタンを
どのボタンに設定したらいいのか不明ですよね?
それをチェックする為に、面倒くさいですが
まず計36個のボタン全てに何かキーボードの文字を割り振ります

joy3.jpg

↑画像3の説明からいきます

「Button」
これは単純にパソコンに取り付けたコントローラのボタンの事。
ただ、取り付けたコントローラのボタンの数とは関係ないです。
ここは設定不要です。

「Keyboard」
これはコントローラでボタンを押した時に、
キーボードのどのボタンを押したことにするか。
の設定です。

「Auto」
これは連射の回数。
リネージュの場合、ここの数値を22にすると最適です。
試しながら調節するといいでしょう。
また、戦争などでCtrl+TABを設定した場合は
連射はOFFにしておくことをお勧めします。

この説明を読むと、個別に設定しなくちゃならんのか?
と思うでしょうが、上記2項目については同時に行えます。

さて設定して行きましょう。
まず画像3の「Disabled」の文字をWクリックしてみましょう

joy4.jpg
上記画像が表示されます。

設定項目かしょは、
「Disabled」と書かれている3つの枠と
「自動連射機能」この2か所ですね。

その他はいじる必要ありません。

設定で注意したいのは
3つの枠に入れるボタン割り振りですが
ゲーム中(コントローラで押したとき)に上から順に実行されることです。
例えばCtrl+TABを設定したい場合は
一番上の枠にCtrlを
2番目の枠にTABを設定します。
これだけ気をつけてくださーい。




joy5.jpg
↑画像5

まず上下左右のつのボタン
最後の画像ではABCDと設定しましたが
実際は数字が良いと思います。
残りのボタンはアルファベット1文字がいいですA~Zで足りない時は
小文字のa~zを使うと良いでしょう。

ここではとりあえず1と入力しました。

自動連射のメーターを右から5つめの点に合わせます
これで連射速度が22に設定されます。
設定した段階では数字はゼロになってますが
「OK」をクリックして元の画面に戻ると、「Auto」の所が
「22」になっているはずです。

上下左右(←、→、↑、↓)の設定は以上です。

同じようにボタンも設定していきます。
ボタンは全部で32個設定しないといけないので
面倒ですが頑張りましょう!

joy6.jpg
↑画像6
ここではA
と入力しました。
連射も22に設定しましょう。

最後に「OK」をクリックして戻ります。

joy7.jpg
↑画像7

画像ではまだ設定完了してませんが
全て終わったこととします。

全てのボタンに仮のキーを割り振れたら

メモ帳(スタートメニュー>すべてのプログラム>アクセサリ>メモ帳)
を開きましょう。
そして、USBに挿したコントローラのボタンを全部押してみます。

すると設定した文字列が、メモ帳に表示されるはずです。
押したコントローラのボタンと、メモ帳に表示された番号をメモしておきます。


ここでの例をあげると(画像7)
←には「A」と設定しました。
Button1には「1」と設定しました。

メモ帳でコントローラ(左キー)を押して
Aと表示されれば、そのまま「←」をWクリックして
設定したいキーを設定するわけです。

仮にメモ帳に1と表示されれば
あなたのコントローラの左(←)は
Joy to KeyではButton1ということなので。
「Button1」をWクリックして設定したいキーを設定します。

最初のめんどくさい設定はこれを判断するための作業だったんです^^;;

コントローラ全てのボタンに割り振り設定が完了したら
Joy to Keyを最小化してから
リネージュを起動します。

以上です。

パソコンの電源を切らない限り
Joy to Keyは常駐します。

電源を落とした場合は
Joy to KeyのフォルダのコントローラアイコンをWクリックで起動させて
最小化して、リネージュ起動
これでOKです。


あと小ネタというかなんというか

ロジクール製のG9というマウスは
Vistaでリネージュをしていても
サイドボタンが使用できます。

以上です。

"コメント |

・・・・・

説明だけ見ると難しいく思うかもしれないけど、
実際やってみるとそうでもないんだよお~。

コントローラーを家に送ってくれれば設定してあげることも出来るけど
問題起きたときに困るだろうから自分で設定するのが好ましいね^^

わからなくなったら連絡くれればおkだ^^b

難しい・・・・・・・・・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kagurarei.blog96.fc2.com/tb.php/156-b23c40bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

カテゴリー

カウンター

最近の記事

最近のコメント

ライセンス

画像等の著作権は下記のとおり帰属します。

Lineageand Lineagethe Cross Rancor are registered trademarks of NCsoft Corporation. 1998-2005Copyright NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute, and transmit Lineage the Cross Rancor in Japan. All Rights Reserved.

リネージュムービー

アクセス規制してます

ブロ友申請フォーム

神楽零とブロ友になる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。